ホーム  >  不動産投資で節税できる仕組み

家賃収入にかかる所得税・住民税

オーナーとなり毎月家賃収入が入ると収入額に応じて税金を納める必要があります。
家賃収入で支払わなくてはならない税金は次の2種類です。

1.所得税
 オーナーの個人名義で経営する賃貸マンション・賃貸アパートの家賃収入にも所得税がかかります。

2.住民税
 都道府県、市区町村が行政サービスを提供するために徴収している税金です。

※法人を設立しているオーナーには法人税や法人事業税、法人住民税がかかります。
 法人税 → 国に納付します。(法人が事業活動で得た所得にかかる税金)
 法人事業税 → 都道府県に納付します。(法人の所得に対して課される地方税)
 住民税 → 都道府県や市区町村に納付します。(法人の所得に対して課される法人住民税)

次回は不動産投資の赤字について解説します。

ページトップへ